ドラム缶の回収・買取
Futamura

  • HOME >>
  • ドラム缶の回収・買取
  • 二村産業について
  • ドラム缶の回収・買取
  • ドラム缶の販売

ドラム缶の買取について

買取が可能なドラム缶

仕様

基本的にJIS Z-1601及びJIS Z-1600に準じた容量200Lの銅製ドラム缶

外観

1. 巻締部に歪みがなく、機能を失っていないこと
2. 天地版、銅板に著しい打痕がないこと
3. 口金部(座金、プラグ)に歪みや緩みがないこと
4. 溶接修理がないこと
5. 製造3年以内であること
6. 付属部品(口栓、天蓋、バンド等)が装着されていること

内部

1. ドラム缶内部に異物がないこと
2. 更生業者による洗浄や焼加工などの、適法な残渣(ざんさ)処理が可能なこと
3. 毒劇物及び悪臭のあるドラム缶は、トリプル洗浄、又は化学的処理等の方法などによる物理的な方法で、危険や臭気が排除されていること

「買取不可」で 回収(廃棄)扱いとなるドラム缶

判断基準

1. 基準外(容量、形状、輸入ドラム缶等)のドラム缶
2. 極薄板ドラム缶
3. 内面塗装が剥離したドラム缶
4. 更生処理時に残渣物が環境的問題を誘発するドラム缶
5. その他:更生基準に適さないドラム缶

※買取が困難なドラム缶の例
・チャイム(巻締め)部の凹みがある場合
・ドラム缶の胴体の凹みが酷く修復が困難な場合
・チャイム(巻締め)部の食い込み傷がある場合
・ドラム缶の胴体に穴がある場合

買取・回収の判断は当社で行いますので、お客様側での仕分けは必要ございません。
また、査定価格にご満足いただけない場合は、買取・回収をお断りいただいても結構です。

ドラム缶回収専門車で回収に伺います。
100 本以上のドラム缶でも1 回の回収で搬送することが可能です。

ご相談・お問い合わせ

  • tel:052-353-7724
  • メールでのお問い合わせ
  • 二村産業について
  • ドラム缶の回収・買取
  • ドラム缶の販売